バックアップ電源ユニット

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. バックアップ電源ユニット

災害時の停電でも。電源のない場所でも。
阪国電機は、各種警報装置を稼働させる電源ユニットを
ご提供しています。

台風・地震・津波といった自然災害などによる停電で電力が供給できない状況でも、
あるいは商用電源の確保が 難しい山間部や河川、作業現場などでも、
さまざまな警報装置を稼働させるバックアップ電源ユニットを提供しています。

災害対策に汎用性の高い
バックアップ電源ユニット

「BPUシリーズ HANKOKU BATTERY(ハンコクバッテリー)」は、電力変換機能を備えた交流の制御機能付き電源ユニット。ソーラーパネルや商用電源と組み合わせることで、災害による停電時も必要な電力をいつでも供給できます。既設警報装置の設備強化としても対応可能です。

バックアップ電源ユニット BPUシリーズ HANKOKUBATTERY 特許出願中/NETIS登録申請準備中 入力電源AC100V 接続機器 サイレン・スピーカ・無線・集音マイク 回転灯など ※接続機器により対応機器が必要。
バックアップ電源ユニット BPUシリーズ HANKOKUBATTERY 特許出願中/NETIS登録申請準備中 入力電源AC100V 接続機器 サイレン・スピーカ・無線・集音マイク 回転灯など ※接続機器により対応機器が必要。
ハイパワー
サイレンの場合、最長30分間もの吹鳴が可能。オプション追加によりさらに時間延長が可能です。
低コスト
導入コストが比較的安価。商用電源から供給は、単相100Vや200Vの定額受電による運用が可能です。
場所を選ばない
設置場所を選ばない屋外型と屋内型の2タイプ。オプションでステンレス製筐体も対応可能です。
コンパクト&軽量
リチウムイオン電池を採用し、圧倒的な小型化・軽量化・長寿命化を実現。3.7kW用まで屋外装柱型が標準仕様。
インバータ給電方式
インバータによる給電方式を採用することで、接続機器に対する最適な電流制御を実現しています。
直流電源装置一体型も対応
直流電源装置にリチウムイオン電池を採用し、一体化することで、より省スペース化が可能となります。
設置実例

下田市(静岡県)

構造 屋外電柱取付型
入力電源 AC100V
定格入力 約300VA※1
出力 AC200V 3相 3.7kwサイレン用
蓄電池容量 10.8Ah×4個
バックアップ時間 約30分※2
充電時間 約24時間※3
寸法 H1100×W680×D640※4
質量 約160kg

※1)標準仕様では約500VAとなります。 ※2)待機時間が長くなるとバックアップ時間は短くなります。※3)定格入力約500VA時は約12時間となります。※4)取付金具は含みません。

サイレン用ソーラーバックアップユニット

ソーラーパネルと組み合わせることで、太陽光エネルギーによる電源供給が可能になります。商用電源の確保が困難な場所や災害などによる停電時も、さまざまな装置を稼働させることができます。取付ポールおよびコントロールユニット一体型のため設置も容易です。

太陽光で運用可能
商用電源の引き込みが難しい場所でも、太陽光が届けば運用が可能です。
コスト低減
蓄電池からの電力供給のみの場合、電力契約が不要のためランニングコストが低減できます。
パターン吹鳴機能
パターン吹鳴機能が実装されているため、用途に応じてサイレン吹鳴が可能です。
遠隔監視制御も対応
外部入出力インターフェースの追加実装(オプション)により、遠隔監視制御にも対応できます。

用途

  • 土砂災害警報
  • 地震津波警報
  • 噴火警報
  • その他各種警報

機器構成図(概要)

設置実例

志摩市(三重県)

構造 屋外電柱取付型
入力電源 なし(ソーラーパネルでの充電のみ)
ソーラー
パネル
60W
出力 AC100V 単相 400Wサイレン用
蓄電池容量 38Ah×2個
バックアップ時間 約30分※1
充電時間 約6日間※2
寸法 H1050×W680×D290※3
質量 約110kg

※1)待機時間が長くなるとバックアップ時間は短くなります。※2)晴天の場合です。気象条件、日照時間等に左右されます。※3)取付金具は含みません。